メニュー

中耳炎

中耳炎は、鼓膜の奥の空洞部分(中耳)に炎症が生じることによって起こる病気
です。風邪が原因であることが多く、鼻や喉に付着したウイルスや細菌が、鼻の奥と中耳をつないでいる耳管を通じて中耳へ入り、感染することにより起こります。特に乳幼児では、感染に対する抵抗力が弱く、耳管が十分発達していないため、ウイルスや細菌が侵入しやすく、急性中耳炎が起こりやすくなります。治りきらないまま放っておくと、浸出性中耳炎に移行することがあります。

症状

急性中耳炎:耳が痛い、発熱、耳閉感、耳だれ 等
浸出性中耳炎:難聴、耳鳴り(幼少児では、呼びかけに反応しない、耳をよくさわる等)

検査・治療

聴力検査や鼓膜の動きの検査(ティンパノメトリー)を用いて、外耳から中耳にかけて音を伝える部分の障害の有無を調べたり、鼓膜の内側に浸出液が貯まっていないかを調べます。耳だれが出ている時は細菌検査を行います。中耳炎と診断された場合は、抗菌薬や粘液溶解薬等の内服治療をしながら、原因となっている鼻の病気に対して鼻咽腔処置、耳管通気加療を行います。治りが悪い、また繰り返す場合は鼓膜切開術や鼓膜チューブ留置術を行うこともあります。
*普段から耳を清潔にすること、鼻のケアを行うことを心がけましょう。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME